お伽話のように

小説の読書感想文

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
4062731290.09.LZZZZZZZ.jpg

さて、レポートも終わりましたし本の感想を書きます(レポートは紙一重の差で提出できたこと、いい加減前々から書こうよ・・。)

『スプートニクの恋人』 著:村上春樹 講談社文庫

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。
恋に落ちた相手はすみれより17歳年上で、結婚していた。
さらに付け加えるなら、女性だった。
それがすべてのものごとが始まった場所であり、
すべてのものごとが終わった場所だった。

ノルウェイの森があまりよくなかったことは前に書きましたが、
今回のスプートニクも前半は同じでした。
大して面白いわけではなく、ただただダラ~っと話が進みました。
これは二の舞になりそうかな?という予感はページをめくるごとに
強まっていきましたが、それでも辛抱強く読みつづけました。

ある異変が起きたのは中盤、ギリシャの島に話が移ってからです。
僕はあれよあれよという間に、村上春樹の文章に飲まれていきました。
ノルウェイの森で読ませる技術があることはわかっていました。
あまり面白くない、でもすらすら読んでしまう、こういうことは
何回か今までもありましたが、今回は明らかに違いました。
休憩できない、トイレに行きたくても行けない、手が勝手に
ページをめくってしまうんです。それだけの魅力があったと思います。
中盤から後半にかけては不思議な(抽象的だと思う)展開で
決してわかりやすいわけではありません。でも引き込まれました。
この小説、はまると落ち着いて読めなくなります。
僕の場合、そわそわとかドキドキとかではなく、
恐怖でした。話の内容が確かに怖い(?)のですが、
村上春樹の文章を読んで、その場面を想像すると、
本当に怖いです。しいていうなら「見える(想像できる
)のだけれども、見えない恐怖」うまく説明できません!

この小説を読んでみようかなという人は一応言っておきます。
ラブ・ストーリーをうたってますが、途中はラブというより
ホラーですよ。夜一人で読むのはとっても怖いです。
そして、抽象的すぎてよくわかりません・・。

国語の授業をもう少しまともに受けとけばよかったと思う今日この頃

ネタバレありの感想は追記にあり。ネタバレされたくない人は
ここまでにしてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。