お伽話のように

小説の読書感想文

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
久々の更新ですいません。
今現在、テスト期間という壁が立ちふさがっている次第です。
小説は読んでいますが感想を書く暇が作れない。
読み溜めしてます。

片岡義男の小説を2冊ほど読みました。
家にまだあと2冊ほどあるので、それも読んじゃいます。

どうやら70、80年代に人気がある作家のようで
自分と合わないかな?と思いましたが
大丈夫なようです。

一体自分は何年代の人なんだろう・・。
スポンサーサイト
題名で買い始めた高里椎奈です。
今回の『それでも君が』は
ドルチェビスタ(甘い景色)シリーズ
3部作の1作目ですね。

現在半分程度までページが進んでおりまする。
最近レポートやら夏バテ(?)やらでとても眠いです。
電車の中は読書タイムなはずなのに、眠くて眠くて。
夜は暑いし・・サッカーやってるし。

現在までの感想(更新遅いから途中経過でもって言われちゃった>< )
やはりこの小説、『灰羽連盟』とよく似ています。
いや、そっくりですね。
まぁ、どっちがパクッタとか真似したとかは自分にとっては
どうでもいいことなので気にしませんが。
つまりはですね、『灰羽連盟』が好きだった人は
『それでも君が』が気に入る可能性が高いと思うのです。

この世界の雰囲気が好きなのに、1冊で終わりなんです。
できるならこの世界で3冊にして欲しかった。

読み終わりましたので感想準備
……中なのですが最近暑いですねぇ、いやぁほんと暑い。
暑くて暑くて書く気が起きなくなるよね・・。
次読みたい本もあるんですけど、暑いから!
すべては夏のせいです、そして京都議定書に
なぜか批准している勢いの家が悪いのです。
クーラーつけていいでしょ・・?
もう頑張ったよ、頑張りすぎたよ。
祈り通じて、今日やっと扇風機が稼動し始めました。
ええ。扇風機です。


『灰羽連盟』
『ノルウェイの森』で納得いかなかったので
村上春樹は理解できない小説家になりそうなのですが
もうちょっと付き合ってみようと。
しかし・・なんで人気あるんだろうか。

読み終わりました、ただ・・明日までのレポートが
ありますのでそちらを優先させます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。