お伽話のように

小説の読書感想文

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
4061822322.09.jpg

『それでも君が』著:高里椎奈 講談社ノベルス

キンカンは暖かな木漏れ日の中で目を覚ました。
騒がしいほど元気のリラ
みんなのお母さん役のヴィオラ
瓜二つだが正反対そして同調する双子のシンとバル
キンカンの前に生まれた優しいピアニカ
個性豊かな5人に家族として迎え入れられたキンカンは
問題を抱えながらも、なんとか順応しようとする。
しかしやがて、
彼らを含めて31人しかいない世界で悲劇が起こる。
不思議な世界で起こるある事件をキンカンは
解決できるのか!!?


ごめんなさい、嘘つきました。
キンカンはそんなに積極的じゃないよね。


『それでも君が』『お伽話のように』『左手をつないで』
の三部作で構成される「ドルチェ・ビスタ」シリーズですが
僕が一番気に入っていたのが『それでも君が』です。
心温まるファンタジーで戦いはないわ愛憎もない。
(訂正:そりゃ少しはあるよね、どんな小説にもあるもんね)
主要登場人物はみんな家族思いだし、読んでて晴れてくる
そんな感じがするのが前半。
中、後半にかけてはかなりの展開で進むので
穏やかに読むことができない、
さらに段々世界の汚さも見えてくる。

全体としてはさらっと読めて、
読後には「・・・え、終わりですか?」
てな感じになると思われます。
三部作で世界を分けないで
全部この世界にしてくれれば
もう少し納得もできたろうに
もっと彼らの話が読みたかったよぅ。

今回は読二回目なんですが、
一回目に感じたほどの面白みは消え去っていましたね。
どんな小説でも大抵そうだろうけども
内容を知っているとここまで色褪せてしまうのかと。
それに作品の粗も見えてきてしまうわけで、
この本読みたい人には、初読が大事ですよ!と伝えたい。

ネタバレありの感想は↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。