お伽話のように

小説の読書感想文

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
4061822322.09.jpg

『それでも君が』著:高里椎奈 講談社ノベルス

キンカンは暖かな木漏れ日の中で目を覚ました。
騒がしいほど元気のリラ
みんなのお母さん役のヴィオラ
瓜二つだが正反対そして同調する双子のシンとバル
キンカンの前に生まれた優しいピアニカ
個性豊かな5人に家族として迎え入れられたキンカンは
問題を抱えながらも、なんとか順応しようとする。
しかしやがて、
彼らを含めて31人しかいない世界で悲劇が起こる。
不思議な世界で起こるある事件をキンカンは
解決できるのか!!?


ごめんなさい、嘘つきました。
キンカンはそんなに積極的じゃないよね。


『それでも君が』『お伽話のように』『左手をつないで』
の三部作で構成される「ドルチェ・ビスタ」シリーズですが
僕が一番気に入っていたのが『それでも君が』です。
心温まるファンタジーで戦いはないわ愛憎もない。
(訂正:そりゃ少しはあるよね、どんな小説にもあるもんね)
主要登場人物はみんな家族思いだし、読んでて晴れてくる
そんな感じがするのが前半。
中、後半にかけてはかなりの展開で進むので
穏やかに読むことができない、
さらに段々世界の汚さも見えてくる。

全体としてはさらっと読めて、
読後には「・・・え、終わりですか?」
てな感じになると思われます。
三部作で世界を分けないで
全部この世界にしてくれれば
もう少し納得もできたろうに
もっと彼らの話が読みたかったよぅ。

今回は読二回目なんですが、
一回目に感じたほどの面白みは消え去っていましたね。
どんな小説でも大抵そうだろうけども
内容を知っているとここまで色褪せてしまうのかと。
それに作品の粗も見えてきてしまうわけで、
この本読みたい人には、初読が大事ですよ!と伝えたい。

ネタバレありの感想は↓
スポンサーサイト
題名で買い始めた高里椎奈です。
今回の『それでも君が』は
ドルチェビスタ(甘い景色)シリーズ
3部作の1作目ですね。

現在半分程度までページが進んでおりまする。
最近レポートやら夏バテ(?)やらでとても眠いです。
電車の中は読書タイムなはずなのに、眠くて眠くて。
夜は暑いし・・サッカーやってるし。

現在までの感想(更新遅いから途中経過でもって言われちゃった>< )
やはりこの小説、『灰羽連盟』とよく似ています。
いや、そっくりですね。
まぁ、どっちがパクッタとか真似したとかは自分にとっては
どうでもいいことなので気にしませんが。
つまりはですね、『灰羽連盟』が好きだった人は
『それでも君が』が気に入る可能性が高いと思うのです。

この世界の雰囲気が好きなのに、1冊で終わりなんです。
できるならこの世界で3冊にして欲しかった。

読み終わりましたので感想準備
……中なのですが最近暑いですねぇ、いやぁほんと暑い。
暑くて暑くて書く気が起きなくなるよね・・。
次読みたい本もあるんですけど、暑いから!
すべては夏のせいです、そして京都議定書に
なぜか批准している勢いの家が悪いのです。
クーラーつけていいでしょ・・?
もう頑張ったよ、頑張りすぎたよ。
祈り通じて、今日やっと扇風機が稼動し始めました。
ええ。扇風機です。


『灰羽連盟』
4062731290.09.LZZZZZZZ.jpg

さて、レポートも終わりましたし本の感想を書きます(レポートは紙一重の差で提出できたこと、いい加減前々から書こうよ・・。)

『スプートニクの恋人』 著:村上春樹 講談社文庫

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。
恋に落ちた相手はすみれより17歳年上で、結婚していた。
さらに付け加えるなら、女性だった。
それがすべてのものごとが始まった場所であり、
すべてのものごとが終わった場所だった。

ノルウェイの森があまりよくなかったことは前に書きましたが、
今回のスプートニクも前半は同じでした。
大して面白いわけではなく、ただただダラ~っと話が進みました。
これは二の舞になりそうかな?という予感はページをめくるごとに
強まっていきましたが、それでも辛抱強く読みつづけました。

ある異変が起きたのは中盤、ギリシャの島に話が移ってからです。
僕はあれよあれよという間に、村上春樹の文章に飲まれていきました。
ノルウェイの森で読ませる技術があることはわかっていました。
あまり面白くない、でもすらすら読んでしまう、こういうことは
何回か今までもありましたが、今回は明らかに違いました。
休憩できない、トイレに行きたくても行けない、手が勝手に
ページをめくってしまうんです。それだけの魅力があったと思います。
中盤から後半にかけては不思議な(抽象的だと思う)展開で
決してわかりやすいわけではありません。でも引き込まれました。
この小説、はまると落ち着いて読めなくなります。
僕の場合、そわそわとかドキドキとかではなく、
恐怖でした。話の内容が確かに怖い(?)のですが、
村上春樹の文章を読んで、その場面を想像すると、
本当に怖いです。しいていうなら「見える(想像できる
)のだけれども、見えない恐怖」うまく説明できません!

この小説を読んでみようかなという人は一応言っておきます。
ラブ・ストーリーをうたってますが、途中はラブというより
ホラーですよ。夜一人で読むのはとっても怖いです。
そして、抽象的すぎてよくわかりません・・。

国語の授業をもう少しまともに受けとけばよかったと思う今日この頃

ネタバレありの感想は追記にあり。ネタバレされたくない人は
ここまでにしてください。
『ノルウェイの森』で納得いかなかったので
村上春樹は理解できない小説家になりそうなのですが
もうちょっと付き合ってみようと。
しかし・・なんで人気あるんだろうか。

読み終わりました、ただ・・明日までのレポートが
ありますのでそちらを優先させます。
『僕らの境界線』から移転しました
『お伽話のように』です。
ええ、どこかの小説家も同じ題名の本を出していた
そんな気がしますがスルーしましょう。
・・・いや、持ってませんよ高里椎奈の『お伽話のように』
なんて・・・。


嘘ですごめんなさい。
題名にひかれて買いました。後ほどブログにて
高里さんについては書きますね。
それでは今後もよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。